カテゴリ: 中国支社

2019-04-06
株式会社リスクベネフィット岡山営業所です。

前回ブログで雪のような針状結晶が床下にあった、とお伝えしました。
本日はその再発防止策として、防湿シートを敷設しています。
シートとコンクリートはコーキングにより接着し、束石等の基礎部分はテープで
巻きつけて湿気が上がらない様にしています。
通常、防湿シートを敷きつめる時は、家屋が建つ前の作業ですが…、
当現場は、立って仕事ができる訳もなく…。
でもお客様に今後の安心を得ていただくためにも、頑張ります!
水害後の様々な復旧も、株式会社リスクベネフィットへご相談下さい。

2019-04-04
株式会社リスクベネフィット岡山営業所です。

上の写真は、昨年7月豪雨で床下浸水に見まわれ、約8カ月経過した床下です。
土砂搬出作業中に作業員が『雪!?』のようなものがコンクリートに付着しているのに気づきました。
湿潤な環境となり、時間が経過したことで、コンクリート表面に硫酸ナトリウムが結晶化してしまった現象です。このまま放置するとコンクリート破壊に繋がる可能性があるので除去していきます。
この現象は、エフロや白華現象とは違い、いまだ正式な名称はありません。
今回は粉末状ではなく、針状の結晶です。
今後の対策として、防湿シートを敷設していきます。

2019-04-03
株式会社リスクベネフィットの岡山営業所です。

引き続き、昨年7月豪雨被災者宅の水害復旧作業です。
汚泥の搬出を終えました。
土のう袋に約120袋ありました。
本日は浸水により汚れてしまった床裏の清掃を行っています。
幸いなことに浸水は床下まででした。
しかし、断熱材、根太、基礎柱、束石、ブロックには雑菌の繁殖要因が付着しています。
まず粗清掃を行い、次に薬剤で拭き上げ洗浄を行っていきます。
昨年の当時と違って最近は雨が少なく、作業環境はまだ良いです。
一日でも早く安心してお過ごしいただけるよう全力で磨き上げていきます。

2019-04-02
株式会社リスクベネフィット岡山営業所です。

昨年の7月豪雨で被災されたものの、長らく入院されていて、ようやく復旧を…、ご依頼いただきました。
本日は床下の汚泥搬出作業です。
半年以上経過し水分はほとんどなく固形化しています。
しかし、湿潤な中で雑菌が繁殖しており、ヘドロ臭が漂っています。
まずは、厚さ20程度に堆積した汚泥を掻き出し排出していきます。

2019-03-18
株式会社リスクベネフィットの岡山営業所です。

本日は、火災現場のススを除去しています。煙が通路に充満し、共用部、
非常階段の扉が真っ黒になっていました。
専用薬剤を用い、ウエスを使って手作業で拭き上げ清掃を行っています。
付着しているススは、拭き上げると薄く広がってしまうので、
何度も同じ作業を繰り返さないといけません。
根気のいる作業ですが、一日も早くススの臭いを無くし、住民の方々が
元どおりに使用できるよう、磨き上げていきます。

火災現場のスス除去、消臭でお困りの時は、株式会社リスクベネフィット
岡山営業所までご相談下さい。

↑このページのトップヘ