2019-04-04
株式会社リスクベネフィット岡山営業所です。

上の写真は、昨年7月豪雨で床下浸水に見まわれ、約8カ月経過した床下です。
土砂搬出作業中に作業員が『雪!?』のようなものがコンクリートに付着しているのに気づきました。
湿潤な環境となり、時間が経過したことで、コンクリート表面に硫酸ナトリウムが結晶化してしまった現象です。このまま放置するとコンクリート破壊に繋がる可能性があるので除去していきます。
この現象は、エフロや白華現象とは違い、いまだ正式な名称はありません。
今回は粉末状ではなく、針状の結晶です。
今後の対策として、防湿シートを敷設していきます。